Home » 静岡県のお茶農園 » 益井園 » 静岡県 益井園

静岡県 益井園

静岡県川根本町青部にあるのが、益井園です。

益井園は、茶の品種が持つ個性を最大に引き出すお手伝いをするのが茶農家茶師としての仕事と考えています。だから、30年以上農薬不使用栽培で肥料を減らし、香りを重視した緑茶や紅茶などを作り続けているのが益井園の特徴です。

益井さんの自慢は、農薬不使用の茶の木そのものです。健康な茶の木を育て、その木の良さを引き出すお茶は?と考えた時、業界の流れとは違う、香りを大切にしたお茶作りを続けて来ました。

益井さんの無農薬栽培の茶畑を以前見せて頂いた時、とても健康ですくすくと育つ大きな葉っぱに驚きました。

しばらくお話を伺っていて、ふと出た質問のお返事が印象的。

「益井さんが農業を続けている理由は、なんですか?」

「畑で仕事してるとさ、ふっと思うことがあるんだよね。この空はあの時過ごしたアフリカやアメリカと繋がってあるんだなぁと。本当に不思議なんだけど、そういう瞬間がたまらなくいいんだよ。」

取材している私には、この話をされている瞬間の益井さんの表情が、たまらなく魅力的に見えました。初夏の風が吹いたような。清々しい風。

masuien-06-21

私は益井さんの見てきたアフリカやアメリカへ行ったことはありませんが、この瞬間、益井さんに見えている世界を一緒に味わえたかのような感覚になりました。

益井園の育てている品種

 みらい(20%)つゆひかり(20%)香駿(20%)静7132(20%) やぶきた(20%)

これらの品種を活用し、その年ごとに緑茶・紅茶・釜炒り茶などを計画的に製造しています。

 住所 静岡県榛原郡川根本町青部521

 ウェブサイト ますいさんちの茶 益井園