Home » 日々日本茶暮らし » お茶が変化する時代に入りました。

お茶が変化する時代に入りました。

「お茶と言えば、静岡」こんな根拠のないイメージだけを頼りに静岡県に移住したのですが、お茶と言えば静岡は、嘘ではありませんでした。

生産量も日本一ですし、茶商の数も一番です。
でも、一番強烈にすごいな!と感じたのは、車で走ればどこに行っても、茶畑があるところです。

それだけ、暮らしとお茶が密着しています。つまり地元の経済とも密着しています。

  
今、一つのお茶をたくさん飲む暮らしをする方が減り、緑茶の需要が減って来ました。
だからこそ、静岡のお茶製造方法も、少しずつ多様化して来ました。飲み手の皆さんにとっては、これからまた、「え?これも日本茶なの?」と、新鮮に感じるモノがどんどん出てくる時期に入ります。
お茶って、面白いですよ。

作る人が意思を持って、お茶の味を作り出すから。時代とともに変化するのです。
ぜひ、探してみて下さい。

あなたのお好みを。
ショップ情報は、こちら

This site is protected by wp-copyrightpro.com