Home » お茶選びについて » 「おいしさ」を分解して、自分の好み茶を発見!(旨み編)

「おいしさ」を分解して、自分の好み茶を発見!(旨み編)

お茶のおいしさには、色々な種類があります。

ここでは、その色々な種類の「おいしさ」をご紹介しながら、

あなたの好きな「おいしさ」を探して行きましょう!

 

<1> 一般的に「おいしいお茶」と言われるのは、

   旨み成分(アミノ酸類)が多いお茶

 

これを商品から考えると、

⇒ 価格の高い煎茶。
お店屋さんに並んでいる茶葉で、同じ数量で換算した場合に、

値段が高い物ほど、一般的には旨み成分が多くなります。

値段で言えば、1000円/100g以上すれば、充分味が乗っています。

 

もう一つ、商品から考えると

⇒ 玉露、かぶせ茶。
本来これらは、アミノ酸値が高くなるように、栽培方法を工夫されたお茶です。

「玉露、かぶせ茶」は、栽培方法なのですが、

今は「商品名」として、よく使用されます。

なんとなく、高級感・おいしそう感が出てくるからです。

でも、実際は、このネーミングが使われていたとしても、

必ずしも「旨みが多くておいしいお茶」ではありません。

 

「玉露・かぶせ茶」は、相対的に「煎茶」よりも高いかもしれませんが、煎茶の比較と同様に、同じジャンルの中で、価格差を見比べてくださいね。

This site is protected by wp-copyrightpro.com