植物の感度の良さに、尊敬の念。

寒いながらも、梅が咲き、
フキノトウが出てきます。
いったい、何に反応しているんだろうか?
植物の感度の良さを、妙に尊敬したりします。

そして私は、そういう植物に反応して
季節を楽しんでいます。笑

「桜折るバカ、梅折らぬバカ」
どこかで、そう聞いたこともあるので、
時々、庭の梅を一枝頂きます。
まぁ本当は、桜の枝も時々頂きますが。

haru

お茶は、山茶の深い香りと、
里茶のがつん濃さをブレンド。
ぜんざい専用です。

農園茶だからこそ、自由自在。
お茶が自分に、しっくりくるんですよね。

About お茶うけ屋

お茶うけ屋ドットコムへようこそ
Bookmark the permalink.

Comments are closed