あっという間に、『冷緑茶作り』の達人になれる技

≪味が濃くて、簡単!な、冷緑茶の作り方≫

「のどが渇いて、今すぐ冷たいお茶をがぶがぶと飲みた~い!」という時はありませんか?

そんな時には、お茶うけ屋が勝手に推奨する(笑)

冷茶の作り方『温+急冷』製法がおすすめ!

■少量の氷を使用して、色もよく味も濃い冷茶を、すぐに作れる優れ技です♪

(水と茶葉の目安は、1リットルに対し10g程度)

① ご家庭の冷茶を作るポットに、茶葉を入れ(写真はティーバックを使用)、茶葉が浸る程度に湯を注ぎます。

1~2分程度待ちます。(熱湯の時には、30秒くらいでもOK!)

⇒【ポイント!】湯を注ぐことで、味の濃さだけでなく、冷茶にした時ののどごしや香り、清涼感も引き出します。

② 氷を、①のポットに入れて、湯をいっきに冷やします。

⇒湯量が少ないため、お茶を完全に冷やすのに必要な氷は、少量ですみます。

③ 【重要!】 この時、ポットを回して中の茶葉まで冷やす意識を持つのがコツです。

ポットの底が完全にひんやりしたかを、確認してくださいね。

⇒ここでポットに水滴が付くほど冷やすと、お茶の色が緑鮮やかなまま保存できます。

④ 最後に、お好みの濃さまで、水で薄めれば完成です。

どんな茶葉でもすぐに作れますから、ご家庭のお茶でぜひお試しくださいね♪

これは、失敗知らずの冷茶製法ですよ~!

About お茶うけ屋

お茶うけ屋ドットコムへようこそ
Bookmark the permalink.

Comments are closed.