Home » おすすめ商品の紹介 » 新茶リレー 第2弾 竹内園

新茶リレー 第2弾 竹内園

新茶リレーの2番手は、静岡県牧之原市の竹内園です。

竹内園セット

竹内園のお茶作りのテーマは、

「飲みあきない、急須に詰まらない深蒸し茶」です。

お茶の色は濃く出ますが、茶葉はざっくりさせてあります。

お便りを読むと、ここ5年の中でいちばん、納得したお茶が作れたのだそうです。

竹内園工場

肥料を有機質に変えて土が整って来た感覚と、

収穫の前にしっかりと雨が降ったことが良かったのだとか。

竹内園は全て自販をするため、

「収穫が早ければ高く売れる」という流通の仕組みとは無関係です。

そのため、新芽の生長に合わせて、お茶を収穫することが出来たようです。

竹内園本人

毎年、新茶リレーに参加してくれている竹内園ですが、

今年は例年よりも、到着が遅めでした。

「今年はゆっくりだね~?」と聞いたら、

「納得できる紅茶を作るのに、時間がかかってしまって・・・。」という返事。

新茶リレーのお茶の発送は、農家にお任せしています。

「あ~、そういう年もあるんだね。」

こういうちょっとした話も、お茶を作る現場とつながっているから、見えてくるんですよね。

 

This site is protected by wp-copyrightpro.com